古川学園中学校

Real Life Talk 先生 × 中学生 × 高校生

英語担当
I.Y先生

古川学園中学校3年
J.Oさん (大街道小学校出身)

古川学園高等学校3年
S.Hさん (三本木小学校→古川学園中学校出身)


「6年」を経験中の中学生、高校生にお話を聞いてみました。
古川学園にはどんな生徒や先生、高校生がいるのでしょうか。
勉強をはじめ、学校の雰囲気などについて先生と中学生、高校生も加わって、
普段、感じていることを話してもらいました。

目標を持って進む毎日

J.Oさん
僕が古学に入りたいと思ったのは、仲間と切磋琢磨できる環境があると、この学校のホームページを見て知ったからなんです。
S.Hさん
私は小学校のときは医者になりたいと思っていたので、担任の先生に相談したら「大学進学を考えているのなら、古学で勉強するのが良いかも」と助言をいただいたのがきっかけでした。
J.Oさん
いまは目標が変わったのですか。
S.Hさん
実は古学に入って、私たちの疑問や悩みに親身に答えてくださる先生方と接するうちに、「先生になりたい」と思うようになったんです。
I.Y先生
それは光栄です。私を含めて古学の先生方は、皆さんの成長を6年にわたって見守っているので、自然に話しやすい環境ができあがっているのかもしれないですね。
J.Oさん
僕は、いまのところは英語を活かした仕事に就きたいと思っているんです。
I.Y先生
それも光栄です。私が英語の先生だから、気を遣ってくれているのかな(笑)。
J.Oさん
そんなことはないです!先生の教え方が分かりやすくて、楽しかったので英語が好きになりました。

学校には「話したい人」がいる

I.Y先生
二人は「キャリア研修」で日本を代表する企業を訪問し、どんな感想をもちましたか。
J.Oさん
2年生のとき、株式会社DeNAと造幣局に行きましたが、とてもおもしろかったです。
S.Hさん
そうですね。仕事の現場を実際に見せていただいたことは、良い経験になりました。
I.Y先生
古学は「自分の将来」とか「仕事」というものに向き合う時間が多い学校だと言えます。
S.Hさん
それは古学の特徴だと思います。それと6年間、同じ仲間と生活し、勉強合宿などを通して生徒同士はもちろん、先生と生徒の間柄も密になって、一生涯続く絆ができるのも大きな魅力だと思います。
J.Oさん
「勉強合宿」とか「30km強歩」といった行事がたくさんあるので、自然に教室の中でみんなと話す話題も豊富になるんです。だから毎日、学校に来るのが楽しくなる。古学はそんな学校だと言えると思います。
I.Y先生
中学校では、今年から「講座」という名称で、ディベート講座、七夕制作講座、数理探求講座などを立ち上げたのですが、高校にもありますよね。
S.Hさん
はい。「探究活動」といって、私は「現代文評論」をテーマに選びました。研究の成果をみんなの前で発表するのですが、いろいろな意見を聞くことで視野が広がります。
J.Oさん
僕が所属しているのは「ディベート講座」で、ディベート甲子園出場を狙っています!やり方は先輩に教わって受け継ぎました。
I.Y先生
高校生が同じ校舎にいるのも、古学ならではだと思いますが、いかがですか。
J.Oさん
全力で目標に向かう先輩方の姿を常に感じられるのは、とても良い刺激になっています。
S.Hさん
そんな風に見てもらえているなら、ますますがんばらないと!できる限りの努力をして教師になれたら、いつかはこの古川学園の先生になりたいと思っているんです。
I.Y先生
全力を尽くさないと気づけないこともあると思うので、何ごとにも全力で取り組んでください。私たちはみなさんが目標を達成できるように後押しするので、良い意味で先生たちを使ってくださいね。
S.Hさん
J.Oさん
ありがとうございます!

古川学園Furukawa Gakuen