古川学園中学校

Q&A

保護者の方に安心していただきたいから。

皆さまから寄せられる、よくある質問をまとめました。この他にも、疑問があればいつでもお答えします。

はい。生徒たちにはお弁当を持参してもらっています。小学生の子供時代から青年期へと移行する大切な時期ですし、ぐんぐん成長する時期でもありますので、たいへんだとは思いますが栄養のバランスを考えたお弁当づくりをご家族の方々にお願いしています。また自分で作ることも貴重な経験になりますので、学校としても奨励してまいります。なお、希望者にはお弁当やパンを販売しております。
保護者会にご出席いただくことが基本となっていますが、強制ではありません。その他には、例えば生徒たちの学習の成果を発表する学園祭や体育祭には、ぜひ学校に足を運んでご覧いただき、その内容についてご家庭でも大いに話題にしていただければ、生徒たちの励みにもなるかと思います。学校行事に積極的にご参加いただけると幸いです。特に強歩大会では安全な大会運営の為、また必死に頑張っているお子様を応援する上でもご参加いただけると幸いです。
「選択クラブ」は、部活動に代わるものとして、毎年様々なクラブを開設しており、現在、ソフトボール、バドミントン、卓球、バスケットボール、サッカー、音楽、自然科学、手芸・文芸・イラストがあります。クラブは月曜日と金曜日の計4時間行いますが、普段の授業とは別に個性の伸長が見られる時間となっています。
中学生として、当たり前のきまりを校則として定めています。たとえば制服の着方にしても、古川学園の伝統に照らして、中学生らしい着こなしが決められています。なぜ「校則」というきまりがあるのかを説明しながら、無理のない校則を定め、きまりは徹底して守るよう指導しています。また礼儀作法などのしつけやマナー指導にも力を入れています。
入学式後に担任を通じて「許可願い」を提出していただければ可能です。許可された生徒のみ学校への所持が可能となります。基本的には「緊急時以外は電源を入れない」ということになっていますので、登校後は担任が預かり、下校時に返却します。
生徒たちは大崎市内からだけでなく、宮城県外からも通学していますが、8時から教室で「朝学習」が始まりますので、誰もが朝はその時間までに登校することになっています。また下校時間は平日が17時、土曜日が15時20分です。
オープンスクールでは授業見学、学校説明会では入試要項などの内容となりますので、できれば一日体験入学、学校説明会とも参加することをお薦めします。参加が入学検査の合否に影響を与えることはありませんが、この機会に学校の内容を知れば知るほど、気に入っていただける学校だと思います。
面接用にとあらたまった服装で受検する必要はありません。最も寒さの厳しい時期ですので、室内との温度差も考えた、脱ぎ着のしやすい普段着がよいのではないでしょうか。できるだけいつも通りの姿を見せてください。
入学時の経費(入学納付金)は、入学金50,000 円、施設拡充費100,000円です。また入学後の学納金(1学年の学納金(月額))は、授業料20,000円、施設設備費10,000円で、合計30,000円です。

古川学園Furukawa Gakuen