お知らせInformation

2019年度大崎広域防火標語コンクール 最優秀賞、優秀賞受賞

2019/12/02

2019.11.20(水)大崎タイムスに掲載されました。

2019.11.20(水)大崎タイムスに掲載されました。

2019年度大崎広域防火標語コンクールで本校中学1年生2名が最優秀賞、優秀賞を受賞しました。

(記事引用)
コンクールは、青少年も火災予防に対する意識を高めることなどを目的に実施。今回は大崎地方の中学校11校から計85点の応募があり、最優秀賞1点、優秀賞6点を選んだ。標語は「『火をつけた』セットで確認『火は消した?』」。「見た人の記憶に残りやすいように心がけた」といい、リズムを意識して「火をつけた」「火を消した」と響きの似た言葉を重ねた。作品は来年4月から1年間、2020年度大崎広域防災標語として火災予防広報に活用される。
同校1年生も優秀賞を受賞し、式で賞状を受け取った。
(記事引用終わり)